輸入住宅

POST LIST

NEW2017年05月26日
輸入住宅を購入して良かったところを追加しました。
NEW2017年05月26日
輸入住宅選びで一番大切にしたことを追加しました。
NEW2017年05月26日
ここがポイント!輸入住宅選びを追加しました。
NEW2017年05月26日
輸入住宅には様々な魅力があるを追加しました。

≫ read more

輸入住宅の上手な付き合い方

近年、マイホームを購入される方に人気の輸入住宅ですが、外観の美しさや、他の人と違った居住空間を探されている方には、最適な物件だと言えます。ですが、どの様なものにもメリットがあればデメリットというのがあります。輸入住宅を購入する前の注意点や、購入後の注意点を把握するだけで、後の生活が楽しくなります。この記事では、輸入住宅と上手に付き合う方法をお伝えしていきたいと思います。
【購入前に気を付ける事とは】
①リフォームがしにくい。輸入住宅のデザインはすでに完成されています。完成されているという利点が逆にデメリットとなります。リフォームがしにくいという問題が出てきます。輸入住宅には柱が少ないので、増設や改築が日本の住居より困難となります。購入を決める前に、しっかりと間取りの把握やリフォームのしやすい住居を選ぶようにして下さい。
②輸入先の確認。輸入住宅の定義として、輸入先の資材での建築となっており、その輸入先の確認を行う事が必要となります。購入後の欠損時には資材が到着するのに1か月かかるものもあります。購入先の工務店にしっかりと確認するようにして下さい。
③購入後には。購入後には空気の入れ替えをしっかりと意識するようにして下さい。輸入住宅は窓が小さいため、カビの増殖が危惧されます。

誰でも一度は憧れる輸入住宅について

輸入住宅という言葉はだれでも一度は聞いたことがあると思います。実際に建っている輸入住宅を見て憧れた方もたくさんいるでしょう。輸入住宅について詳しく考えたいと思います。まず、輸入住宅とは外観が海外の建物のような住宅のことを言うのではなく、海外の設計思想による住宅を資材別またはパッケージで輸入し、国内で建築する住宅のことを言います。海外の設計思想に基づいているものの特徴としては耐久性の高さがあげられます。何世代に渡り住み継いでいく海外では丈夫な住宅であることが前提にあります。
また、断熱材が厚く、窓が複層ガラスであること。気密性も高く、冬暖かく夏涼しい住宅なのも特徴です。輸入住宅に使われる部材は主にアメリカやカナダ、そして北欧から輸入されています。部材だけでなく、工法や外観デザインや性能など国によって少しずつ違います。寒い地域には高気密高断熱で評判の北欧住宅スタイルや北米住宅スタイルが人気です。
北米スタイルは築100年以上の中古物件をメンテナンスしても十分住めるほどの耐久性の強さです。自然素材をフル活用した特徴的なデザインが魅力のログハウススタイルもあります。ちなみにログ材は燃えにくいという特徴を持っているそうです。先のリフォームの為にも建築を考える際には輸入住宅に詳しい業者にお願いすることをお勧めします。輸入住宅を少し理解したところで、モデルハウスに見学に行ってみるのはいかがでしょう。

輸入住宅に住んでみての感想

現在輸入住宅に住んでいます。建売ではなくて設計の段階から関わってきましたが、実際に住んでみての感想は以下の通りです。住み心地についてはおおむね満足しています。輸入住宅ならではの特徴だと思いますが、各部屋・廊下の天井が高いので、圧迫感を感じる事もなく開放的な気分になります。
ドアや階段・床材にはカナダの木材を使っているのですが、重厚感があって色調も落ち着いた雰囲気で気に入っています。窓はペアガラス仕様ですが、外の音を適度にシャットアウトしてくれますので、室内はいたって静かな状態に保たれています。屋根については一般の住宅よりも傾斜が急になっていますので、大雪の時などでも屋根に大量の雪が積もる事もありません。降雪量の多い地域ではメリットになるのではないでしょうか。
その一方で、輸入住宅ならではの不便さもあります。例えばカーテンレールや雨樋を交換しようと思っても、なかなか自分では部品が調達しにくいのです。規格に合う部品がホームセンターなどには売っていない事が多いです。仕方ないので、そういう場合は施工してもらった業者さんを通じて取り寄せてもらう事にしています。だいたいの感想は以上です。輸入住宅に住んでみて完璧に100%の満足、という訳には行きませんが、少なくとも後悔はしていません。輸入住宅を選んでよかったと思っています。

輸入住宅の魅力が知りたい

マイホームの購入を考えられている方は、一度は輸入住宅という言葉を聞いた事があるのでは?と思います。輸入住宅とは、海外の建築技術やデザインを取り入れた住宅で、そのデザインの豊かさから輸入住宅に住んでみたい!と言う方が急増しております。この記事では、輸入住宅の魅力や特徴についてお伝えしていきたいと思います。
【輸入住宅と外観のデザイン】輸入住宅と聞いて、一番最初に思い浮かべる事が出来るのは、あの美しい外観ではないでしょうか?実際、輸入住宅を選んだ多くの人たちは、デザイン性と答える方が多くいます。しかし、一言で輸入住宅のデザインといっても、種類がありその違いをしっかりと把握しておくことも、輸入住宅の購入の決め手となります。
輸入住宅のデザインには、大きく分けて2種類のタイプが存在します。一つ目は、ヨーロッパスタイルと呼ばれるレンガや素材の本来の形をそのまま生かしたデザインで、温かみのある雰囲気になっております。大人な感じの漂うシックな家の外観となっております。二つ目は、アメリカンスタイルとなっており、民族居住のデザインとなっております。古き良きアメリカの広大な大地を連想させるような、アグレッシブな雰囲気のデザインとなっております。デザインが洗練された輸入住宅は、選ぶ時にもワクワクさせてくれる夢のある居住空間となっております。


ほかの家庭とはちがう個性的な家に住みたいなら、輸入住宅で生活するのがよいのではないかと思います。最近は輸入住宅もお手頃な費用で購入することができるようになっていますので、オリジナリティあふれる素敵な住宅での生活をこちらで実現してみてはいかがでしょうか。

PICK UP

輸入住宅には様々な魅力がある

オシャレな部屋

輸入住宅には様々な良い所があります。第一にあげられるのが断熱性に優れた住宅だという事です。日本の住宅は柱で家の基礎組をつくりますが、輸入住宅は壁や床で家を支える方法でつくられ…

READ...

ここがポイント!輸入住宅選び

オレンジ色のキッチン

アメリカン、北欧、フレンチなど様々なタイプの輸入住宅がありますが、どの輸入住宅を選ぶにしても、共通する大切なポイントがあるのではないかと私は考えています。以下に、私が考える輸…

READ...

輸入住宅選びで一番大切にしたこと

日の差し込む部屋

我が家では、一昨年アメリカンスタイルの輸入住宅を建てることができました。その際、家族内で多くの検討を重ねてきたわけですが、我が家では「とにかくたくさんの情報を集めること」を大…

READ...

輸入住宅を購入して良かったところ

暖炉のある部屋

我が家で購入した輸入住宅。実際に生活をしてみて良かったところを、以下に挙げてみることにします。第一に、自分達の趣味、志向を十分に反映できる環境を得ることができたところ…

READ...